【フリースクール名古屋..com】人見知りを直したい!!話し方教室 内向的な性格を変えたい、大人しい方を対象としたコミュニティ

無理しなくても大丈夫です!!

 

 

「人見知り」や「話すことが苦手」は

 

 

【ピーマンが食べれない】【しいたけが苦手】と同じだからです!!

 

 

  • 人見知りする
  • 緊張しやすい
  • あがり症

 

 

全然大丈夫!!です。

 

ただし・・・・無理はしないでくださいね!!

 

 

 

 

千鳥の「のぶ」が言った【クセがすごい!!】がある意味正解

 

 

 

 

僕は、子供の頃、「チーズ」が大嫌いでした。

 

上にも書いたように、「クセがすごいんじゃ!!」って思っていました。

 

でも、大人になった今では、自分で買ってまでも食べます。

 

もっと「クセの強い」スモークチーズまで好き好んで食べます。

 

 

では、なぜ?「チーズ嫌い」だった僕が、「チーズ好き」に変わったのでしょう???

 

 

 

それは・・・「とろけるチーズ」と「ピザ」に出会ったからでした!!

 

 

とろけるチーズの出現によって、

 

【個体が苦手】だったチーズが、

 

【液体】のような姿に変わったんですね。

 

 

 

昔のチーズのイメージとしては、

 

ビニールにキャンディーのようにくるまれた「牛乳を固めたモノ」

 

だけど、味は、「牛乳とは全然違う」

 

から、

 

こんがり焼けたパンの上に、

 

  • サラミ
  • 玉ねぎ
  • ピーマンの輪切りなど

 

と一緒に

 

「とろ〜り、そして、のび〜る!なんとも美味しそうなモノ」

 

に、変化しました!!

 

 

そして、驚くことに、今まで嫌いだったピーマンさえも、

 

「ピザ」が食べられることによって、克服していたのです。

 

 

「チーズ」の話と「人見知り」や「話すことが苦手」と何の関係があるの?

 

 

 

僕が「チーズ」や「ピーマン」を克服できたきっかけは、

 

要は、「食べ合わせ」だったんですね。

 

 

最初、キャンディーのように、ビニールに包まれたチーズは単体で食べなければならなかった。

 

すべての「クセ」を一気に口の中に放り込まなければならなかったんです。

 

そりゃー好きになれないですよね?

 

 

 

「人見知り」も「話すことが苦手」も、根本にあるものは、

 

「人」です。

 

 

 

それって、

 

  • 「好き」or「嫌い」
  • 「合う」or「合わない」

 

が関係していませんか?

 

 

学生の頃に、避けては通れない行事の一つに、

 

 

「席替え」や「クラス替え」

 

 

なんてものがありました。

 

 

 

運悪く、ずぅ〜っと

 

「気の合わないクラスメイト」や「友達」「先生」と、

 

小学校・中・高・大 合計最大で16年間そんな気の合わない人達と過ごしたとしたら・・・・・

 

しかも、序盤に「クセ」の強い奴らと同じクラスになってしまったら・・・

 

 

  • 「人が好きになれますか?」
  • 「人と話すことが楽しいと思えますか?」

 

 

なれないですよね?

 

  • いちいちチャチャを入れられたり・・・
  • 毎回ケチをつけられたり・・・

 

「話してても楽しくないからです!!」

 

 

 

 

もっと、もっと、根源の「親」との関係が、うまくコミュニケーションを取れていなかったら?

 

親がすごく無口な人だったら、

 

どこで、人間関係を学ぶのでしょうか???

 

 

 

 

これって、自分の力では、どうしようもないとこで、

 

「運」が関係していますよね?

 

 

  1. 「社交的な両親」
  2. 「気の合う友達」
  3. 「親身になってくれる先生」

 

 

この少なくても3つの要素に、

 

「運」よく出会わなければ、

 

「人見知り」や「話すことが苦手」であっても、仕方のないことだと思います。

 

 

じゃあ、どうやって「人見知り」や「話すことが苦手」を克服するの??

 

 

答えは、「慣れ」や「経験」しか方法はないです。

 

 

ちょっと変な例え話をこれからしますね!!

 

 

 

「ファーストキス」は覚えているけど、278回目のキスは覚えてるの?

 

 

まぁ、普通に考えたらだいたいの人は「278回目のキス」を覚えていないですよね?

 

「今回が、278回目のキスだね!」なんて数えてる人がいたらちょっと怖いです(笑)

 

 

では、なぜ回数を重ねるごとに、記憶に残らない(無意識)になるかと言うと、

 

それは・・・

 

「緊張しなくなったから」

 

です。

 

 

人は、当たり前ですけど、目の前の「物」を掴むことができます。

 

 

「脳」が、「手&指先」に、【目の前の物を掴め】と信号を送るから、物が掴めます。

 

 

だけど、「ファーストキス」の場合は、

 

目のわずか数センチ下にあるクチビルを相手のクチビルに近づけなければなりません。

 

ドキドキ・ドキドキ・・・・

 

たかだか、数10センチくらいが銀河系くらいの距離に感じます。

 

 

「あれ?でもよく考えてみてください!自分のクチビルを【人以外】のどこかにつける行為ってそんなに緊張することですか?」

 

 

当然、ペットやぬいぐるみ相手では、緊張しないですもんね?

 

 

 

話変わりますけど、

 

「一人焼肉ってしたことありますか?」
※因みに僕はまだないです。

 

 

「一人コンビニエンスストアって、したことありますか?」

 

「当たり前だろ!!」って声が聞こえてきそうです。

 

 

では・・・

 

コンビニ行くときって、「緊張」しますか?

 

しませんよね?

 

 

 

なぜ緊張しないかと言うと、

 

店員さんとの会話の「パターン」が決まっているからです。

 

 

 

店員さんとの会話はだいたい、

 

「お弁当温めますか?」
「その確認の画面にタッチしてください!」

 

 

 

だけど、「一人焼肉」の場合は、まず焼き肉屋に一人で行くことがないので、

 

店員との会話のパターンが読めません。

 

 

人っていうものは、「パターン」がわかっていたり、「慣れ」れば何ともおもわないですよね。

 

親と一緒にいても緊張しないのは、

 

親の会話のパターンがある程度わかっているからです。

 

 

 

他人と一緒にいて、緊張したりするのは、

 

相手の会話のパターンが、まだわからないからです。

「キャッチボール」がめちゃくちゃ下手な子達を見て思ったこと

 

 

名古屋でも有名な中高一貫の進学校の前を通った時のことです。
※因みに僕はその高校の受験に見事落ちました・・・

 

 

お昼休みに、高校1年生くらいの男の子2人がキャッチボールをしていました。

 

 

二人の間は約3メートルくらいです。

 

 

一人の男の子が、ボールを投げました。

 

「ガシャン!!」

 

ボールは後ろの金網に当たって落ちました。

 

もう一人の男の子が、そのボールを拾って投げました。

 

 

ボールを待っている男の子の遥か上を通過していきました。

 

それを、5回ほど繰り返し、その男の子たちはキャッチボールを諦め、

 

教室に戻っていきました。

 

 

「キャッチボール」って、男の子なら出来て当たり前なのかな?

 

 

そうじゃないですよね!

 

 

  • ボール遊びが好きな子もいれば、
  • 将棋が好きな子もいるし、
  • 読書が好きな子もいます。

 

 

ここで言えるのは、ただ単に「苦手」ってことです。

 

 

 

誰かに、キャッチボールの【やり方】を教わらなければ、

 

ボールを相手の取りやすい位置に投げることさえ難しいのです。

 

 

 

これって、会話にも言えることじゃないでしょうか?

 

 

誰かが、こういう話し方すると相手も次の言葉が返しやすいよ!って、

 

教えてくれたことありますか?

 

 

 

最初の「ピーマンが食べられない」「しいたけが苦手」で伝えたかったこと!!

 

 

「ピーマンを絶対に食べられないわけではない」

 

んですよね?!

 

「しいたけが苦手」

 

なだけなんですよね?!

 

 

で、いまこのサイトをここまで読んでおられるということは、

 

「人見知り」をなおしたい

 

「話すことが苦手」から苦手じゃなくなりたい!

 

って、ことですよね。

 

 

 

僕は、よくこういう時にみなさんにお伝えする例え話があるのですが・・・・

 

 

 

【ドラゴンクエスト】ってゲームをご存知ですよね?

 

 

【ドラゴンクエスト】ってゲームは、

 

最初、簡単に倒せるスライムから倒していって、

 

「経験値」を積んでいきますよね。

 

 

あれが、いきなし「ラスボス」から始まるゲームだったら誰もクリアできません。

 

 

たくさんたくさん、スライムを倒していって、「経験値」をむちゃくちゃ増やしてから、

 

それから「ラスボス」です!

 

 

もしかしたら・・・みなさんの中には、人生の初っ端から、

 

運悪くいきなり【ラスボスが降臨】って方もいらっしゃるのではないでしょうか?

 

 

 

いまの僕は大っ嫌いだった「ピーマン」も「しいたけ」も「チーズ」も、

 

み〜んな好きになり、ほとんど嫌いなものはなくなりました。

 

 

まずは、楽な事から「経験値」を積んでいって、

 

そこから徐々に徐々に、いろいろなことを克服していかれたらいんじゃないでしょうか?

 

 

 

 

フリースタイルスクール「ガリレオのガリレオガリレイ」へのお問合せは
↓↓↓
こちら


メールにて、見学したい日を連絡して、

直接、下記の住所までお越しください。

〒462−0835
愛知県名古屋市北区杉村1−2−22
最寄り駅:名古屋鉄道 名鉄瀬戸線尼ケ坂駅徒歩1分

TEL:052−325−8318
FAX:052−325−8319

「ガリレオのガリレオガリレイ」まで来れば、何かが変わるかも・・・






名古屋市 / 豊橋市 / 岡崎市 / 一宮市 / 瀬戸市 / 半田市 / 春日井市 / 豊川市 / 津島市 / 碧南市 / 刈谷市 / 豊田市 / 安城市 / 西尾市 / 蒲郡市 / 犬山市
常滑市 / 江南市 / 小牧市 / 稲沢市 / 新城市 / 東海市 / 大府市 / 知多市 / 知立市 / 尾張旭市 / 高浜市 / 岩倉市 / 豊明 / 日進市 / 田原市 / 愛西市 / 清須市
北名古屋市 / 弥富市 / みよし市 / あま市 / 愛知郡 / 海部郡 / 知多郡 /北設楽郡 / 西春日井郡 / 丹羽郡 /額田郡