長男継がないとどうなるの?跡取り息子が跡継ぎ放棄したら?長男やめて自由な人生を歩きたい方へ

長男継がないとどうなるの?跡取り息子が跡継ぎ放棄した

  • 長男だけど、婿養子にいこうと考えている人
  • 長男をやめたい、
  • 長男をやめるにはどうしたらいいの?
  • 跡継ぎ放棄できるの?
  • 跡を継がないとどうなるの?
  • 親の反対、
  • 親戚への対応
  • お墓とかどうするの?
  • 親の介護は?

 

具体的な方法を教えてください

 

 

このような疑問にお答えします。

 

 

本記事のテーマ

長男のやめ方〜自由な人生を手に入れる為にやらなければならない事

 

 

長男やめて、跡継ぎやめて、婿養子になった僕が経験談をお話しします。

 

まず、最初に一言いいます!

 

婿養子最高!!婿養子バンザイ!!

 

「長男だから」とかいうくだらん呪縛

 

長男だから」を取っ払ってからの人生は「楽」でしかない!

 

自分もなんだかんだ「俺は長男だから!」みたいなとこあったなと思ってる

 

長男だから」とか言ってる奴

 

長男」ってカテゴリー取ったら

 

長男だから」ってことしか取り柄がない。

長男がお墓を継がなければいけない責任などない

長男がお墓を継がなければいけない責任

長男が墓を守らなくてもいい時代がもうそこまできている!

 

とりあえず長男が守っていかなければならないものに

 

」がある。

 

がしかし、時代と共に、その「」すらも無くなっていくだろう。

 

なぜなら、そのを管理する寺が無くなっていくからだ。

 

そんなことはない!!って騒いでるそこの君!時代を肌で感じよう。

 

まず、数十年前に比べて、葬式が縮小されてきている。

 

いまや、ほとんどが家族葬(近親者のみでおこないます)で、

 

ホールを貸し切ったデカい葬式を見なくなった。

 

最近では「お坊さんのいないお葬式」なんてのもCMで流れている。

 

もう、いらないんだよ・・・・お坊さん
参考記事:お坊さんはもういらない

 

そんなことない!!って騒いでるそこの君!

 

たぶん君は田舎に住んでいるのではないのかな?

 

残念だが、君の住んでいる「田舎」ももう無くなる。

 

財政的にやっていけないからだ。

 

辺りを見渡してみればわかるだろ?

 

「田舎」で何かを生産しているか?

 

みんなお年寄りで年金で暮らしている人達ばかりではないか?

 

若者はみんな村や町の行政機関で働いていないかい?

 

例えば、消防署とか警察だとか農協だとか。

 

まぁこの話はまた今度にしよう。

 

田舎に仕事が無くなれば当然若い人間(長男も)は都会に出ていく。

 

そうなると、そこにあるお寺は食べていけなくなる。

 

お寺がなくなれば、当然そこにある「」もなくなるというわけだ。

 

お寺がなくなる時に、名古屋万松寺の納骨堂のようになるわな。
長男 墓
※万松寺の納骨堂のようす

 

いくら長男の君が悩もうが、「墓」とか「寺」もそういう時代になっていく。

 

必然的に【時代について行かなくてはならなくなる】

 

 

まず、時代がそこまで「長男」=「跡継げ」を求めてない

  〜本を「耳で」読む習慣が、あなたの日常を変える!〜        【日本最大のオーディオブック配信サービス audiobook.jp 】 「本を読みたいけれど、時間がない・・・」 「勉強したいことが山ほどあって追いつかない。効率化したい。」 そのようにお思いの方も、実はまだ使える時間があることをご存じですか? それは、あなたの「耳のスキマ時間」。 耳だけ空いていれば、本を読むことができてしまう方法があるんです! それが、本を「耳で」読む新しい読書の形、“オーディオブック”。 書籍をプロのナレーターが朗読し、音声化したオーディオブックなら、 手が空いていない作業中や、移動中でも、手軽に読書をすることが可能。 オーディオブックを使えば、例えばこんな時でも読書ができるんです!  ★満員電車の中で語学テキストを“読む”  ★家事をしながらエッセイを“読む”  ★ランニングをしながら自己啓発書を“読む”  ★車を運転している間にビジネス書を“読む”  ★寝る前に、目を閉じて小説を“読む” 使い方はとってもカンタン。 パソコンで、CDに焼いて、MP3プレイヤーに入れて、スマートフォンで。 あなたのお使いの機器を使って、いつでもどこでも読書が楽しめます。 さあ、あなたもオーディオブックで、新しい読書を始めませんか?