真面目は損?得?

真面目 損,真面目 得,真面目 バカ,不真面目

まじめに生きていく事は「」なのか「」なのか?果たしてどっち?

 

まぁ普通に考えれば「真面目」に生きることの方が正しいですよね

 

生活態度で考えても「真面目」がいいに決まってる!

 

朝のあいさつや決められた日にゴミ出しやそういった事に限れば。

 

 

今回は、真面目に生きて行くのが「正しい」とか「正しくない」ではないのです!

 

真面目に生きて行くと「損」か?「得」か?の話なんです!

 

 

真面目な男って聞いて直感的にどう思いますか?

 

まじめな男=つまらない男

 

みたいな印象をじっさいに受けませんか?

 

異性として考えてみるとどうでしょう?

 

 

例えば、あの子は【まじめ】だから「デート」に誘う時にどうやって誘おう?

 

って考えてる時点で、相手にめちゃくちゃ気を使わせてないか?

 

 

あの子は真面目だからこんなとこに連れてったら怒るかも?

 

とか、あの子のは真面目だから気分を害するんじゃないかな?とか。

 

「怒る」?「気分を害する」?

 

めっちゃ小さい人間じゃないか?

 

 

ほらほらほら、

 

あれ?「まじめ」っていいはずの言葉だったのに、

 

だんだん意味が違ってきましたよぉ!

 

 

「あの人まじめだから・・・」=「あの人冗談つうじないから」

 

みたいな。

 

真面目=つまらない→詰まらない=詰まるところがない

 

他人の価値観に対して自分の器の中にその価値観を受け入れる余白がない

 

今の時代、まじめは得なのか?それとも損なのか?いったい全体どっちなのだ?

真面目って使えるジャンルが絞られてしまう。

真面目って使えるジャンルが絞られてしまうのではないでしょうか?

 

逆に使えないジャンルとしては、

 

「下ネタ」「暴力的」

 

「冗談」もですね。

 

「真面目な人」がたまに言う冗談ほど気を使わなくてならないことはない。

 

真面目な人・真面目な立場の人間が冗談を言うと

 

周りの人間は気を使う(笑)

 

あれは、冗談だったのか?

 

はたまたマジで言っているのか?と。

 

 

真面目な人間が「下ネタ」なんて言おうもんなら、

 

一気に【変態】にまで飛躍してしまう!!

 

真面目な人間であればあるほど、

 

ふり幅がえげつない。

 

それでもあなたは「真面目」続けますか?

  〜本を「耳で」読む習慣が、あなたの日常を変える!〜        【日本最大のオーディオブック配信サービス audiobook.jp 】 「本を読みたいけれど、時間がない・・・」 「勉強したいことが山ほどあって追いつかない。効率化したい。」 そのようにお思いの方も、実はまだ使える時間があることをご存じですか? それは、あなたの「耳のスキマ時間」。 耳だけ空いていれば、本を読むことができてしまう方法があるんです! それが、本を「耳で」読む新しい読書の形、“オーディオブック”。 書籍をプロのナレーターが朗読し、音声化したオーディオブックなら、 手が空いていない作業中や、移動中でも、手軽に読書をすることが可能。 オーディオブックを使えば、例えばこんな時でも読書ができるんです!  ★満員電車の中で語学テキストを“読む”  ★家事をしながらエッセイを“読む”  ★ランニングをしながら自己啓発書を“読む”  ★車を運転している間にビジネス書を“読む”  ★寝る前に、目を閉じて小説を“読む” 使い方はとってもカンタン。 パソコンで、CDに焼いて、MP3プレイヤーに入れて、スマートフォンで。 あなたのお使いの機器を使って、いつでもどこでも読書が楽しめます。 さあ、あなたもオーディオブックで、新しい読書を始めませんか?