恋愛がうまくいかない本当の理由

恋愛がうまくいかない本当の理由

 

 

恋愛がうまくいかない本当の理由って何だと思いますか?

どうしてすぐに別れたり捨てられたりするのでしょう?

答えは簡単、

 

あなたが【SEX】&【キス】その他諸々が「へたくそ」なんです。

 

例えばですが、

 

あなたが誰かとキャッチボールをしているとします。

 

キャッチボールをしている相手が

 

【ちゃんとボールを捕れない】
【真っすぐボールを投げられない人】

 

だったとします。

 

  • 毎回毎回ボールを落とす。
  • 毎回毎回ボールを後ろへそらす。
  • 毎回毎回めちゃくちゃな所にボールを投げる。
  • 毎回毎回そのボールをあなたが取りに行かなければならない

としたら、

 

あなたはこの相手とキャッチボールしたいと思いますか?

 

あなたはこの相手とキャッチボールを続けたいと思います?

 

たぶんできないですよね。

 

途中で「もぅやめよ!」ってなると思います。

 

「お前とキャッチボールやっててもつまんない!」ってなると思います。

 

恋愛も同じなんです。

 

【SEX】や【キス】がヘタな人とだと、したくなくなるんですよ。

 

  • マグロの人(まったくうんともすんとも反応しない人)
  • 自分本位でガンガン攻めてくる人
  • キスの度に歯があたる人

↑↑↑
このような人たちです。

 

 

こういう現実的な事をお話しすると必ず、

 

恋愛は【キス】や【SEX】だけじゃない!!

 

「こころが通じ合っていれば・・・・」みたいな、すぐに現実逃避する方がいると思うのですが、

 

【恋愛がうまくいかない】だから今、ここを読んでるのですよね。

 

「恥ずかしい」とか「恥ずかしくない」とか今はいいのです。

 

 

【ワンパターン】って言葉がありますよね?

 

まぁあまりよくない言葉の一つとして使われることが多いですが・・・・

 

また野球の例えで申し訳ないのですが、

 

今度は、先ほどのキャッチボールから進化して、

 

【投げる側】と【打つ側】

 

「ピッチャー」と「バッター」がいたとします。

 

「投げる側」(ピッチャー)がいいという人もいますが、

 

大半の人はバッター「打つ」方が楽しいと思います。

 

 

ですので、たまには、「投げる」方と「打つ」方を、交代してあげませんか?

 

「いつも投げてくれる」から、「たまには打つ方」と交代してあげるね

 

でも、いいですし、

 

「投げる方」もやってみたいから、投げ方教えて?

 

でも、いいです。

 

まぁ野球に例えていますが、

 

置き換えれば、完全に下ネタです。

 

sexがうまくいくか、いかないの話です。

北川〇子や深田〇子がSEX下手だと思いますか?

綺麗な綺麗な女優さん達がプライベートでのSEXが下手なイメージってありますか?

 

ないですよね?

 

じゃあこの人達は生まれた時からSEXがうまかったのか?

 

処女の時からバリバリのテクニシャンだったのか?

 

そうじゃないんですよ!?

 

逆に『下手そう』って言ったら絶対に本人怒りますよね!

 

努力なんですよ!

 

「下手でもいい」ではないんです。

 

「あの人はそりゃ〜SEXもうまいだろう」と思われているだろうから

 

うまいんです。

 

ちゃんと恋愛=SEX(もひっくるめてって意味)って理解ってるんですよ!

【sexってうまくいかない】じゃなくて

 

うまくいくように、恥ずかしさやらプライドやら捨てて

 

相手もそうですけど、自分自身もコントロールすることなんですね。

 

  〜本を「耳で」読む習慣が、あなたの日常を変える!〜        【日本最大のオーディオブック配信サービス audiobook.jp 】 「本を読みたいけれど、時間がない・・・」 「勉強したいことが山ほどあって追いつかない。効率化したい。」 そのようにお思いの方も、実はまだ使える時間があることをご存じですか? それは、あなたの「耳のスキマ時間」。 耳だけ空いていれば、本を読むことができてしまう方法があるんです! それが、本を「耳で」読む新しい読書の形、“オーディオブック”。 書籍をプロのナレーターが朗読し、音声化したオーディオブックなら、 手が空いていない作業中や、移動中でも、手軽に読書をすることが可能。 オーディオブックを使えば、例えばこんな時でも読書ができるんです!  ★満員電車の中で語学テキストを“読む”  ★家事をしながらエッセイを“読む”  ★ランニングをしながら自己啓発書を“読む”  ★車を運転している間にビジネス書を“読む”  ★寝る前に、目を閉じて小説を“読む” 使い方はとってもカンタン。 パソコンで、CDに焼いて、MP3プレイヤーに入れて、スマートフォンで。 あなたのお使いの機器を使って、いつでもどこでも読書が楽しめます。 さあ、あなたもオーディオブックで、新しい読書を始めませんか?