自由になりたければ強くなれ!!

自由に生きたければ強くならなければなりません。

 

次の2つの言葉から連想してどちらが「自由」だと思いますか?

 

『繊細』と『図太い』

 

『繊細』という言葉からはどうしても不自由さを想像してしまいます。

 

繊細というのは、型にはまっているから繊細なのではないでしょうか?

 

 

片や、『図太い』はイメージ的に大胆であったり、

 

【精神的な強さ】

 

を連想させます。

 

人間は図太さを手に入れれば自然と自由を手に入れられるのです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

自由を手に入れる為の精神的な強さとは

ここからは実体験を交えてお話しさせていただきます。

 

昔、僕がまだ子供の頃

 

道路の片隅に車に轢かれてぐちゃぐちゃになったネコの死骸がありました。

 

目玉は飛び出て、内臓も出ており、今思えばトラウマになるレベルの無残さでした。

 

僕を含め数人の子供達ではどうすることもできず、ただ心の中では

 

「かわいそう」どうにかしてお墓を作って埋めてあげたいと思っていました。

 

そのことをおばあちゃんに相談すると

 

おばあちゃんは近くにあったスコップを手に取ると

 

その車に轢かれぐちゃぐちゃになったねこをスコップの上に載せると

 

近くの土手まで運んでいき、そのままそのスコップで穴を掘り

 

その猫をものの数分で埋葬してしまいました。

 

僕も、そこにいた数人の子供達も、ただただあっけに取られていました。

 

僕はおばあちゃんに聞きました。

 

「そんなことして、ネコに祟られたり呪われたりしないの?」

 

するとおばあちゃんは笑いながら

 

「なんでいいことして呪われないかんの?逆に感謝してもらわなきゃいかんわ」

 

といって、笑いました。

 

この状況で笑えるんだ・・・・と、子供の頃の僕はそう思いました。

 

 

そして、数十年後の現在

 

同じような出来事が僕にもおきました。

 

家の裏庭で1匹の野良猫が死んで腐っていました。

 

 

僕はその死骸をゴミ袋に入れ土に埋めてやりました。

 

 

あの時のおばあちゃんと同じように

 

ネコに祟られる&呪われるなんていう感情はいっさいありませんでした。

 

これまでの人生の経験でそんなことは経験済みでしたから。

 

死骸に対して特別な感情を抱く事はありませんでした。

 

これも精神的に図太くなったからでしょうね。

人の死でさえ慣れてしまう

人生で一番最初に身近な人が亡くなったのはおじいちゃんでした。

 

あまり好きではないおじいちゃんでしたが三日間くらい悲しさで涙が止まりませんでした。

 

それから、身内で3人目までは同じような感情がありました。

 

それ以降、親戚のおじさんなんかの場合は

 

「悲しい」という感情はまったくなくなりました。

 

それよりも自分の時間が奪われることの方に気がいきました。

 

最初の祖父の時は仕事も手につかずでしたが、

 

その後の祖母の時は仕事を優先して葬儀にはでませんでした。

 

【人はいつか亡くなるのだからしょうがない】

 

「たまたま大事な仕事のタイミングがかちあってしまった為、ごめんねばあちゃん」

 

くらいの気持ちでした。

 

ここでも、葬儀に出なかった僕に対して

 

ばあちゃんが呪ったり祟ったりするなんて非科学的なことは起こらないと思うようになりました。

どんなに汚れたモノを触っても洗えばいつかはきれいになると知っているから

結局は、

 

人生は経験の積み重ねで強くなり

 

一番大事なのは、その時その時の瞬間で

 

【時間】がこの世でもっとも貴重ということが理解できたからだと思います。

 

 

ネコの死骸の件に関しても

 

「自分がさっさと処分してしまえばそれで終わり」

 

それをもたついたり、他人にお願いしたりすれば時間がロスしてしまう。

 

その場から無くなれば物事が片付く

 

を、人生から学んだからです。

 

嫌な事は一瞬

 

そしてそれを消すのは図太さ

 

【精神的な強さ】

 

精神的な強さを手に入れてしまえば、そこには本当の意味での自由があります。

 

 

「あの人、あんなぐちゃぐちゃになったネコの死骸をスコップで運んでるよ」

 

「猫に呪われるんじゃない?祟られて不幸なことが起こるんじゃない?」

 

全然関係ありません。

 

精神的な強さを手に入れるという事は、

 

  • 「他人の言ってる事を気にしない」
  • 「他人の言ってる事が気にならない」

 

ということでもあります。

 

あなたの手に着いた汚れはいつまでも残っていますか?

 

あなたの手に着いた匂いはいつまでも残っていますか?

 

そんなことはないですよね?

 

洗えば、いつかきれいに元通りになります。

 

 

何でも自分で経験すること!

 

他人に何でもやってもらうのは、経験できないですし、

 

やってもらえなかったら、それはストレスになっていつか自分を苦しめることになります。

 

 

自由になるということは「強く」なることです。

  〜本を「耳で」読む習慣が、あなたの日常を変える!〜        【日本最大のオーディオブック配信サービス audiobook.jp 】 「本を読みたいけれど、時間がない・・・」 「勉強したいことが山ほどあって追いつかない。効率化したい。」 そのようにお思いの方も、実はまだ使える時間があることをご存じですか? それは、あなたの「耳のスキマ時間」。 耳だけ空いていれば、本を読むことができてしまう方法があるんです! それが、本を「耳で」読む新しい読書の形、“オーディオブック”。 書籍をプロのナレーターが朗読し、音声化したオーディオブックなら、 手が空いていない作業中や、移動中でも、手軽に読書をすることが可能。 オーディオブックを使えば、例えばこんな時でも読書ができるんです!  ★満員電車の中で語学テキストを“読む”  ★家事をしながらエッセイを“読む”  ★ランニングをしながら自己啓発書を“読む”  ★車を運転している間にビジネス書を“読む”  ★寝る前に、目を閉じて小説を“読む” 使い方はとってもカンタン。 パソコンで、CDに焼いて、MP3プレイヤーに入れて、スマートフォンで。 あなたのお使いの機器を使って、いつでもどこでも読書が楽しめます。 さあ、あなたもオーディオブックで、新しい読書を始めませんか?